プロフィール

新世界NOW

Author:新世界NOW
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

新世界NOW
大阪新世界から、ゆかりの地域や人につながるあらゆる情報をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(23)  「天王寺動物園と私」   宮下実園長より   (7/8)
 チョロスケの死以来、さすがの私もイヌを飼いたいとは思わなかった。ところが高校3年に
なった4月のある朝、校庭に捨てられていた子犬を見てしまった。白色の雌で生後三週間
くらいか。授業中もあのイヌをどうするか脳裏から離れず、最終的に下校時にいなければ
それでよし、もしいれば持って帰ることにした。ところがいたのである。通りかかる学生に
愛想を振りまき、顔には誰が書いたのかマジックで眼の周りにいたずら書きをされていた。
抱き上げてしばらく顔を見ていると、私の親友が気をきかせて箱を探してきてくれた。ここまで
お膳立てされてはしようがない。近鉄電車での通学であったので、駅員に見つからないように
鞄で隠すようにして持ち帰ったが、家族は私がいずれどこかでイヌを拾ってくるだろうと思って
いたようである。
 この子犬はチコと名付けた。なかなか気立てがよく、私の飼ったイヌの中では一番優秀で
あった。この時にイヌというのは躾ければどんどん賢くなり、飼い主への忠誠心、服従心は
大変強い動物であることを実感した。
 1歳前に初めての発情があったが、陰部からの出血に気がついた時、これは大変、チョロスケ
と同じようにお尻から出血していると慌てふためいたものである。発情が始まるとあちこちから
雄イヌが集まり、我が家の庭に不法侵入してきた。チコがヒィヒィ鳴く声に二階の窓を開けると、
庭には数頭の雄が入り込んで徘徊していた。我が家の箱入り娘に何をするという怒りに、私は
階段を駆け降りると裏口に用意していた樫の木刀をつかみ、庭へ飛び出していく。雄イヌはチコ
のお尻の匂いを嗅ぐのに夢中であるから、私が木刀を下げて側まで来ても気がつかない。
この当時はまだ剣道初段だったと思うが、思い切り振りかぶって雄共の背中に撃剣を振り
下ろした。なぐられた雄は不意をつかれてキャンと鳴くものもあれば、恋路を邪魔された恨み
からかウォッと怒りの声をあげるものもいた。幸い向ってくるイヌはおらず、私の気迫と木刀に
恐れをなして、慌てふためいて逃げ去る。

       (新世界NOW 宮本)
 Copy right(C) 2009 宮下実「天王寺動物園と私」 All rights reserved
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://shinsekainow.blog78.fc2.com/tb.php/102-9e0adac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。